aga 保険

agaの治療や検査には保険証は持参不要か

agaの治療を始めようと考えている人は多く、専門の病院やクリニックでの治療が一般的とされています。いざaga治療を始めようと思っても、気になるのが治療費、医療費などの費用です。agaの治療法は大きく分けて植毛、HARG治療法、内服薬の3種類です。専門の病院やクリニックでagaの原因と治療費、医療費などの費用を相談しながら選ぶことができます。しかしaga治療は、医療目的ではなく美容目的とみなされています。その為、ストレス性の脱毛は基本的に保険適用となりますが、agaは保険制度上病気とは認められていないため、日本の保険制度では適用されません。けれど治療行為と判断された場合、医療費控除が受けられる事があります。なので、必要ないと思うかもしれませんが、特別な事情が無い限り保険証は提示した方が良いでしょう。

agaの治療法の種類とその費用について

agaの治療は保険適応外ですが、治療にはどのくらいかかるのか、治療法別に見ていきましょう。植毛とはホルモンの影響を受けにくいとされる、後頭部や側頭部の髪の毛を気になるところに移植する方法です。移植が定着すればアフターケアやメンテナンスの必要がありません。費用はおおよそ200,000円~3,000,000円で、病院やクリニックによって異なります。また、どの程度の範囲に移植するのかによっても大きく違ってきます。HARG治療法は発毛に必要な栄養素を成分とするHARGカクテルを頭皮に注入して、ヘアサイクルを整え、再生させる治療法です。施術時間が短く、自分自身の髪なので違和感がありません。費用はやはり病院によって様々ですが1回100,000円前後で複数回行います。最後に内服薬、外用薬は最も多くみられる治療法です。費用は4,000円~と、比較的安価ですが、効果を感じるまで長期間使用しなければなりません。

なぜagaは保険適応外なのか、保険の仕組みとその理由

病院やクリニックで診療、および処方される薬は保険が適応される保険診療と保険適応外の自由診療に分けられます。保険診療とは命に関わる疾患に適用されます。国民の誰もが経済的に負担が少なく、平等な診療を受けられるのが特徴です。保険診療の治療法や治療回数などは制限があり、必要最低限の治療や決められた内容の治療しか受けることができません。自由診療とはaga治療、美容整形、歯列矯正、自然分娩、人工中絶、人間ドッグなどがあり、治療費は法的に決められていないので病院側が自由に設定することが可能です。この2つの区分を読み解くとaga治療は薄毛が気になる人だけが、希望をして受けることの出来る医療行為で、命に関わる治療ではなく美容目的の治療です。なので、国民の税金を使わない保険適応外となります。