aga 保険

agaの人が生命保険に加入する際に気を付けるべき点

皆さん、agaと聞いてなんのことだかすぐに分かりますか?あまり耳にしない言葉かと思いますが、agaとは「アンドロジェネティック アロペシア」の略称で 「男性型脱毛症」のことを指します。agaと診断された場合には、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛が進行していくという特殊なパターンの症状がでます。agaの発症年齢や進行の程度には個人差があり、早いと10代で症状が現れるケースもあります。できればそのような病気にはなりたくないですが、もしも発症した場合にどうしたら良いのかが気になりますよね。また、治すことができるならどこまで保険が適応内なのか、また新たに保険に入るとしたらagaについての申請はいるのか気になります。 今回はagaと保険の関係性を紹介します。

agaと保険の関係性はどうなっているのか

万が一、agaを発症した場合、治療費は保険適応となるのでしょうか。残念ながら、今のところ、agaの治療費は保険適応とはなりません。全額自腹で払わなければならない状況です。しかし、実は保険が適応される例外もあります。ほかの病気の影響や精神的な理由などから脱毛に至り、治療を受ける事態になったという場合です。それらのことが税務署および、税務署職員に認められた場合は、医療費控除を使うことができるのです。また、生命保険に入る際にも注意が必要です。agaについての治療は保険適応外ですが、生命保険に新たに加入する際には受信歴の申告が必要となります。agaは保険上「病気」とみなされてはいないですが、きちんと告知をしておかないと後々トラブルになる可能性があるのです。

agaを発症した場合、どうやってうまく保険を利用するか。

さて、前述のように、agaは今のところ病気だとは認定されてもらえていない状況です。それをふまえたうえで保険を利用できることは利用するといいでしょう。aga治療に関しての全てのことが保健適応外となるという訳ではありません。agaを発症したことが精神的な病気が原因の場合や、他の病気との併発の場合には保険金はでます。また、agaの治療時についても、すべてが保健適応外という訳ではありません。例えば採血はその目的によっては保険が適応される可能性があります。agaと円形脱毛症は症状がよく似ているため、どちらか判断するための血液検査だと円形脱毛症は保健適応のため、適応対象となります。しっかり精査して保険が使えるときはしっかり使いましょう。また、agaの治療は、病院独自に金額・治療内容が決められているため、その金額が適正な金額なのかしっかり判断しましょう。