aga 保険

保険診察が受けられるagaもある

agaとは男性によくみられる脱毛症のことです。遺伝や男性ホルモンが影響して髪の毛が薄くなってしまう症状です。おでこからの生え際や頭頂部などから髪の毛が薄くなっていきます。この薄毛の症状は時間がたつほどにどんどん進行していってしまうので早めの対処が重要になってきます。agaの主な原因として男性ホルモンと、ジヒドロテストステロンという物質が挙げられます。この物質は髪の毛の成長するサイクルを邪魔するもので、髪の毛がしっかり育つ前に抜けてしまうので薄毛の原因になります。Agaには専門の医師がおり、病院での治療が可能です。治療は飲み薬や塗り薬などの投薬治療がメインです。agaの治療は基本的に現時点では美容目的の治療とみなされるため保険適用がありません。ですが、症状によっては保険適用があることもあるのでまずは医師に相談してみましょう。

agaの専門医の治療と皮膚科での治療の違い

agaの治療をするために通院するなら断然aga専門のクリニックがおすすめです。なぜ専門のクリニックがおすすめなのかというと、皮膚科での治療は現状維持が第一で、育毛や発毛までを目標にする専門のクリニックとは治療できる範囲が変わってきます。どのように変わってくるのかというと、治療薬の種類がクリニックの方が豊富であったり、治療薬の値段が皮膚科に比べて安く、血液検査や遺伝子検査なども専門のクリニックでは行うことができます。また、専門のクリニックがもっともおすすめの理由としてagaの専門医が開院していますので皮膚科よりもより専門性を求めることができることです。皮膚科ではagaの専門知識をもっていない医師もいるので専門のクリニックが安心です。しかしagaの専門クリニックでも皮膚科でも、保険の適用は症状によって適用できるかどうか変わってきます。

agaの治療は保険が使える場合がある

agaの治療は基本的に生命への危険性や、生活に支障が出る病気ではないため、美容整形のように自由診療扱いとなります。よって、保険がつかえることは少ないです。しかし、症状によって保険が使えることもあります。精神的な理由や他の身体的な病気が理由になって、引き起こされた場合だと、保険で治療ができることがあります。といっても、保険での治療は保険内で使える治療薬に限りがあり、治療の内容も薬と同じように制限があるので自由診療よりも治療の方法に制限が出てきます。自由診療では、どのような治療方法を使うことができるかというと、しっかりと専門的な検査を受けることができ、治療に使う薬を先生と相談して、数種類ある中から自由に選ぶことができます。保険診療よりは治療費がかかってしまいますが、より効果の高い治療をしたいと考えるならまず専門医への相談が重要です。