aga 保険

何故agaが保険適応されないのかを徹底解説

agaとは、androgenetis alopeciaの略で、男性型脱毛症といわれる症状で、日本人男性の3人に1人が悩んでいるといわれています。agaは、治療法がないと言われていましたが、薬などで治療が可能です。agaの治療は美容整形と同列の分類で、命の関わるものではないので、保険が適応外となります。治療法は、大きく分けて4つあり、金額もそれによって変わってきます。治療のできる病院は、一般の病院と専門の病院があります。一般的な病院は、agaの進行を遅らせるのが目的なのに対して、専門的な病院の場合は、発育を目的としています。一カ月の費用を比較すると、専門の病院のほうが1万5000円程度の差があります。今の状態を考えて、自分のニーズにあったほうを選ぶことをオススメします。

agaの治療法は保険適用にはならない

agaの治療にかかる料金は高く、少しでも安くおさえたいと考えている方もいるでしょう。しかし、agaの治療は保険適応外になります。なぜなら、美容整形と同じ扱いをされていて、命に関わるものではないということから保険がきかないのです。治療にかかる料金は、専門の病院では一万五千円から三万円のことが多いです。一般の病院で一万円から一万五千円程度です。このように基本的にagaの治療は保険適応外ですが、場合によっては例外もあります。精神的なものや病気で髪が抜けてしまった時には、財務省に認定されることで保険が効く場合もあります。気になる場所や治療のことについて、不安なことや知りたいことがあれば、病院に聞いてみるのもいいでしょう。治療法によっては料金も変わってくるので、自分に合った方法を知ることが大切です。

agaの治療法は何があるのか。

agaの治療は様々ですが、それを専門に扱う病院で行うのもひとつの方法です。一般的な病院ではagaの進行を遅らせる治療をしますが、専門的な病院では発毛を促進する治療をします。その分、料金は高くなってしまいますが、精度の高い治療をしてもらえます。agaの治療には、大きく分けて飲み薬、発毛注射、植毛、発毛薬の4つがあります。飲み薬に関しては、副作用には注意が必要です。肝臓疾患を持っている方は、肝機能の低下が副作用として出る場合もあるので、医師とよく相談しましょう。発毛の注射は個人差がありますが、薬が直接届くので一番効果のある治療法です。植毛は薄毛の範囲が広い方に、発毛薬は薄毛の初期など範囲が狭い方におすすめの治療法です。保険がきくかきかないかは確認をしていきましょう。